ヘッドコーチコラム

釜利谷リーグ新人戦 ()
先週が男子、今日が女子。 今年のヌーボーはどんな味なのか。とは言え、男子はもともと6年生がいないのでメンバー変わらず。同学年には負けねえぜ、と言わんばかりの躍動感でぶっちぎりの優勝!と書ければいいけど、実際は4Q後半で逆転逃げ切りでした。女子は8人、こちらも山あり谷ありの3試合で、3位決定戦を勝ち抜いての3位。それぞれ味わいのある新酒(男子は新酒じゃないかな?)で、来シーズンも楽しめそうです。保護者の方々も子らと一緒に笑いあり涙ありのジャーニーを楽しんでもらえたら嬉しいです。今週も声が枯れました
>> 続きを読む

女子チャレンジ南部予選 ()
勝てば市大会に行けるという結構重いゲーム。17日に戦いました。秋季大会以来の重みのあるゲーム、子らもわかっていたんでしょう。立ち上がりから躍動してましたね。相手は桜岡さん。毎年しっかりチームを作ってきて、5Aはどちらかと言えば苦手としているチームです。 立ち上がりこそ5Aがリードしたものの、1Qはイーブン。2Q以降も5Aが追いかける展開を、4Q最後で追いつき、延長戦ももつれて最後に2点差で勝ちました。秋季大会では(相手はちがいますが)同じ展開で負けたのが今回は勝った。そこに子らの成長を見たのは私
>> 続きを読む

秋季大会始まる ()
8月31日から始まった秋季大会。男子は藤の木さんに2点差で負け、女子は翌日9月1日に汐見台さんに延長の末1点差で負け。女子は順位決定戦に回り、まだ大会が続きますが、男子は終わり。トーナメントは厳しいですね。両方ともいい試合でした。それぞれ成長を感じられた部分も多く、現時点での精一杯のプレーを見せてくれました。それだけに、勝たせてあげたかったなぁ。2点差以内の敗戦はコーチの責任、という言葉があります。この2日間、その言葉を噛み締めました。子らには、1点差は1年の差、という言葉を噛み締めてほしい。大
>> 続きを読む